理学療法士(PT)×サッカー(マリノス) いーちゃんPTのブログ

飯塚優太 理学療法士×サッカー(マリノス)サッカー選手の体の使い方や怪我について、自分の考え方をアウトプットしてまとめていくブログです

齋藤学 体が大きくなっている件 2016-2017

f:id:YFM-PT:20170907170200j:image

出典:http://sp.f-marinos.com/schedule/match/allMatch/2017/before

 

マリノス齋藤学選手🇫🇷

今シーズン無得点と結果は出せずにいるが、

チームのキャプテンとして頑張ってる。

 

しかし、なぜ今シーズンは無得点なのか。

・マークが厳しい

・戦術の変更

・今年から10番キャプテン

f:id:YFM-PT:20170906203446j:image

 出典:http://sp.f-marinos.com/schedule/match/allMatch/2017/before

 

今年はよく見られる光景。

ウーゴなどと意見交換していることも多い。

 

・メンタル的な部分

 

などいろいろな原因はあると思う。

 

そこで、この一年の間で何が変わったのか。

僕はカラダの変化に気づいた。

 去年と比べて、確実にカラダが変わってる。

 その違いを見ていきます。

 

齋藤学のカラダの変化

 

▪️体幹ともも前の筋肉がデカくなってる

 

左2016 右2017

 f:id:YFM-PT:20170906214847p:image

f:id:YFM-PT:20170906214852p:image

出典:http://sp.f-marinos.com/schedule/match/allMatch/2017/before

 

特に体幹がしっかりしたのかな。

肩回りがしっかりしてる。

2017のほうが、安定感はありそう。

 

しかし、

カラダが大きいから強い。これは間違い。

 柔らかくもあり、強くもある。

これが1番!

 

 1番怖いのは、ひたすら筋トレすること。

カラダの柔軟性があればいいけど… 

その辺の認識はどうなんだろう。

 

 左2016 右2017

f:id:YFM-PT:20170906215339p:image

出典:http://sp.f-marinos.com/schedule/match/allMatch/2017/before

 

この比較はどうだろう。

 

2016年、体幹の伸びるような動きがある。

 

2017年、体幹が伸びない。肩が上がってる。

 

いろいろな画像や動画を見てみたが、

やっぱり、

2017はいい意味でも悪い意味でも、

硬くなっているような感じはある。

 

確かに、体幹やもも回りの筋肉がデカくなってることで、体負けはしなくなり、安定感はありそう。

 

しかし、

齋藤学の特長はなんといってもスピード。

 スピードを生かすための、カラダ作りをしないといけない。

 

スピードを生かすためには

 

まずは、背骨の柔軟性を獲得することが大切です。

ネイマールの動きをみると、

柔らかいけど強いし速い。

f:id:YFM-PT:20170907140740j:image

出典:

http://korisaka.doorblog.jp/archives/33904002.html

 

大きいディフェンスを背負ってもボールとられないですよね?

この前のオーストラリア戦の大迫もそう。


バネのような柔らかさで、

相手の力を吸収できることで、
相手の力を殺している。


これはニュートンさんも言っていることで、
作用力と反作用力の関係にある。

 

細かい話はここまでにして…

 

柔軟性についてはこちら

http://yfm-pt.hatenablog.com/entry/2017/08/13/100446

 

まとめ

齋藤学選手は

この一年でカラダが大きくなった。

 

 2016年と2017年を比較すると

 

2016

カラダが小さい

スピードとキレはハンパない。

しかし、当たり負けはしていた。

昔は転んでファールをもらいにいくシーンも多くあった。

 

2017

カラダが大きくなり、当たり負けしなくなった。

大きくなったが、動きが固くなった。
スピード、キレを求めるなら、もう少し柔らかさが必要。

 

柔らかさと強さの両方が備われば、

・二桁得点

マリノス優勝🇫🇷

・日本代表

・海外移籍

こんな、学選手をを見てみたい。

 

まずは、9/9フロンターレ戦絶対に勝ちましょう!!!

現地へ応援行きます📣

 

 

 

 

 

体が硬い人はケガをしやすい

f:id:YFM-PT:20170813102056p:image

「昔から体が硬いんです。

これはもう、癖だからしょうがないのよね。」

 

スポーツ選手は、ケガをすると

「ちくしょー。まじでついてないわー。また捻挫したわー。」

などなど、、、

 

ケガはなるべくしてなります。

原因は必ずあります!

 

前日の、睡眠や食事はもちろん、今までの生活での蓄積が溜まり、ケガを起こすリスクが高まった結果ケガをするのです。

 

 

自分は体が硬い?柔らかい?

テスト方法

 

片足でしゃがんでから立つ!

f:id:YFM-PT:20170813083729j:image

 

  これができる人は、一般スポーツ選手レベルです!

普通にスポーツしてもケガをするリスクはかなり低いです(^^)

 

できなかった人は、ケガをするリスクが高いです!

 

 

体が硬い人の原因

体が硬い原因は、姿勢が悪い、背骨が硬いからです。

本来背骨はS字のカーブをしています。

f:id:YFM-PT:20170808210814j:image

S字を作ることで、力を吸収できるようになっています。

イメージとしてはバネのように吸収します!

 

S字が変形し猫背になっていくと、バネの機能がなくなります。

バネの機能がなくなると、

膝、股関節、肩などでバネの機能を補います。

そうすると、膝、股関節、肩などが硬くなります。

膝が曲がり、肩が凝り、寝違えたり、ぎっくり腰になり、

という風に体が硬い人になります。

 

スポーツ選手も一緒です。

背骨のバネの機能がなくなり、その分膝でバネの機能を補うことで、半月板損傷や靭帯損傷を起こしたりします。

 

例えばジャンプして、着地するとき

 

背骨が柔らかい人は、

背骨で吸収する力が100%あるとします。

 

背骨が硬い人は、

背骨で着地する力が70%しかないとします。

残りの30%を膝で吸収すると、膝に負担がかかり、膝の靭帯損傷や半月板損傷に繋がります。

 

 背骨が硬い人は、筋肉に圧痛があります。

上腕二頭筋(ちからこぶ)、もも裏のハム、ふくらはぎなどをギュッと握ってみて下さい。

痛い人は、体が硬いサインです!

 

 握って痛い人は、背骨のバネの力で吸収できないため、膝、腰、肩の筋肉が硬くなっているのです。

 

 対処法

 

背骨を柔らかくする!!!

これに尽きます!!!!!

 

①四股体操

お相撲さんのように、四股体操をします。

ポイントは痛みを伴わないように、なるべくリラックスして、骨盤が後ろに倒れないようにします。

 f:id:YFM-PT:20170813083829j:image

 

②睡眠、食事

背骨が硬くなる原因として、自律神経の乱れもめちゃくちゃ関係しています。

ストレスを抱えていたり、食事が偏っている人は胸椎が硬くなります。

胸椎が硬くなると、首も動かなくなり、肩凝りになります。

自律神経を整えるには、睡眠と食事は非常に大切です。

 

 まとめ

背骨が硬い人は、ケガを起こすリスクが高まります!ストレッチや生活習慣を見直して背骨を柔らかくしましょう!

 

4スタンス理論 サッカー選手のタイプ

知ってましたか?

 ヒトは4タイプの動き方があると!

 

4スタンス理論の廣戸先生の勉強会に行ってきました!

一言でまとめるとエンターテイメントでした!

 そんな内容を少しまとめてアウトプットしていきます!

 

 サッカー選手の4タイプ別f:id:YFM-PT:20170727215401j:image

 

サッカー選手のタイプです!

 

僕はB2でした!

 

みなさんは何タイプでしようか?

 

 4スタンスタイプチェック

 2つテストを紹介します(^^)

 

・壁際でしゃがむ

 

顔の正面を壁に向けてしゃがみやすい人

f:id:YFM-PT:20170727200332j:image

4スタンス理論バイブルより引用

Aタイプ

 

背中を壁に向けてしゃがみやすい

f:id:YFM-PT:20170727200446j:image

4スタンス理論バイブルより引用

Bタイプ

 

椅子から立ち上がり

・パートナーは、両方のももを内側に回して立ち上がりやすい人

f:id:YFM-PT:20170727195601j:image

4スタンス理論バイブルより引用

1タイプ

・両方のももを外側に回して立ち上がりやすい人

f:id:YFM-PT:20170727200007j:image

4スタンス理論バイブルより引用

 2タイプ

 

⚠️自分のタイプでない動き方が長年の癖になっている人は、一度偏見を捨ててみるといいです。素直に身体と向き合って下さい!

 

  みなさんは何タイプでしたか?!

 

 よく小さい頃に、コーチから
「親指を立てて走れ!」
「インステップキックは体を前へ倒せ!」
「ディフェンスする時は、腰を落とせ!」
こんなこと言われたことありませんか?

4スタンス理論から考えると、
身体の使い方が4タイプあるので
コーチのタイプが何かによって、指導の仕方が変わります!

例えば…
コーチがB1タイプ
⬇︎
子供がA1タイプ
コーチはB1タイプの身体の使い方を教える
⬇︎
子供はA1なのに
コーチから教わったB1タイプの動きを真似するので動きにくいし怪我する
⬇︎
その動きが何十年も定着している

コーチのタイプと選手のタイプが同じであれば良いのですが、
違う場合は気をつけないとですね!

 

ここからは、

4スタンス理論について少しまとめてみます。

①軸

②5ポイント

体幹主導

④4スタンス理論

 

4スタンス理論に入る前に大切な

軸と5ポイントについてお話しします!

 

①軸とは

軸とは、歩く、立つ、座る、走る全ての動作において必要です。

軸があるからこ、動作が安定し、安全に動ける!

 

 ②5ポイント理論

軸の形成に関わる関節が5箇所あります!

 f:id:YFM-PT:20170727172853j:image

・P1 首の付け根  補助として肩

・P2 みぞおち 補助として肘

・P3 股関節 補助として手首

・P4 膝

・P5 足底

この5つが線上に揃うと、軸が形成されます。

これを5ポイント理論と呼びます。

この5ポイントは、全員に共通する部位で、決まりごとです!

 

体幹主導とは

体幹という言葉は、最近の話題ですが、

体幹を鍛えると体幹主導は少し違います。

体幹主導とは、

軸が形成されている

⬇︎

動作の発動部位を体幹の正面におけること

体幹主導で四肢を動かせる

これが体幹の主導の本当の意味です!

軸が整っていないまま、体幹を鍛えても意味がありません!

軸(5ポイント)を整え、動作の時に、発動部位を体幹の正面におけることで、体幹主導が発動します!

 

 f:id:YFM-PT:20170727071007p:image

クリスチアーノロナウド選手

発動部位(右足首)に対して、体幹が正面を向いていますね!

 

 しかし、ヒトは動く生き物なので、

この5つが全て安定していると、動けないため

、5つのうち3つは軸を作り、2つを動かします。 

その動かし方が、4タイプあります!

 

f:id:YFM-PT:20170727173530j:image

 

先ほどの5ポイント理論と4スタンス理論の組み合わせです!

 

例えば

A1タイプの場合は、5つのうち、

3つの軸(みぞおち・膝・足首)に作り

2つの可動ポイント(首の付け根・股関節)

を動かすと、動作が安定します!

 

 4タイプの分類

f:id:YFM-PT:20170727175914j:image

 

・Aタイプ/Bタイプ

Aタイプは土踏まずの、つま先よりにバランスの中心がある

Bタイプは土踏まずの、踵よりにバランスの中心がある

 

・1タイプ(A1/B1)

土踏まずの内側(人差し指の延長線上)

部分を中心にバランスをとる

 

・2タイプ(A2/B2)

土踏まずの外側(薬指の延長線上)
部分を中心にバランスをとる

クロスタイプ/パラレルタイプ

f:id:YFM-PT:20170727184433j:imagef:id:YFM-PT:20170727201138j:image A1タイプは対角線に伸び上がるように

B1タイプは対角線に縮むように

A2タイプは対側に伸びるように

 B2タイプは同側に縮むように

動きます!

これらの動きを自分のタイプの動きに組み合わせると、動きが安定します!

 

 

 まとめ

・軸(5ポイント)が整うことで動きが安定する
体幹主導とは、軸が整い、発動部位が体幹の正面に向いていること
・5ポイントのうち、3つを軸として、2つを可動ポイントとして動かす!これが4つのタイプに分けられる

f:id:YFM-PT:20170727215401j:image

 

 4スタンス理論は実際に受けてみると、

言われる通りに体が動くので本当に不思議な理論でした!

これから、自分の臨床にも生かしていきます!

また、タイプ別のエクササイズについてなど新たに更新していきます!

 

 

 

 

 

 

サッカー選手のケガ→上半身チェックしてますか?

f:id:YFM-PT:20170713175230p:image

 

 サッカー選手が足や膝の怪我をした時

上半身のトレーニング、ストレッチを行なっていますか???

 

足や膝を怪我したことは、

結果であり、

原因ではないかもしれません。

 

 

例えば、

膝関節の前十字靭帯損傷(ACL

⬇︎

膝関節のROM-ex 筋力強化

⬇︎

CKCでのトレーニング

⬇︎

スポーツ復帰

 

退院してから、

近くの整形に通うが途中で行かなくなり、トレーニングをしっかりやらずに、そのままスポーツ復帰する人が多い気がします。

 

しかし、足や膝のリハビリを行なっても、

結果に対してリハビリを行っているだけで、

何故怪我したか?を考えなければなりません。

 

僕自身、最初はそうでした。

しかし、脊柱の役割を知ることで、アプローチの幅がめちゃめちゃ広がりました!

その脊柱の役割を考えていきます。

 

脊柱の彎曲には、

緩衝作用があると言われています。

 

  f:id:YFM-PT:20170719210751j:image

 まっすぐな脊柱に対して、

写真のような3つの彎曲がある脊柱は10倍の緩衝作用があると言われています!

 

また脊柱は

•力を吸収する

•力を出す

この2つの役割があります!

 

例えば

ジャンプして着地するとき

 

 •脊柱の彎曲が少ない場合

脊柱で「吸収する力」が減ります。

その分、膝で吸収する力が増えることで、

膝の怪我に繋がるリスクが高まります!

 

•脊柱の彎曲がある場合

脊柱でジャンプした力を吸収出来るので

膝への負担が減ります!

 

 

体幹トレーニングは「力を出す」トレーニングですね?

もし、脊柱の柔軟性がなかったら、

いくら体幹を鍛えても意味がありません。

 脊柱の柔軟性をUPしてから、

体幹トレーニングを行うと効率的ですね😁

 

まとまると

脊柱の役割は、

力を吸収する、力を出す

この2つがある!

 

脊柱の柔軟性があれば、

力が出せる

怪我のリスクは軽減されます!

 

以上いーちゃんPTでした!

 

 

ハムストリングスの肉離れ

f:id:YFM-PT:20170717110443p:image

 最近、Jリーグでも肉離れは多いですね😳

肉離れは、再発する可能性が高いので、しっかりと治したいですね!

 今回は、ハムストリングスの肉離れの

危険因子
評価方法

治療方法

について書いていきます  !

 

ハムストリングスの肉離れは

全力疾走中
足を前に降り出した時や
足を地面についた状態から後方に蹴り出すときにハムストリングスの遠心性収縮により
肉離れが発生しやすいと言われています!


地面から後方に蹴り出すときの写真です!
また、骨盤前傾によりさらにハムストリングスの伸張ストレスが加わります!!!

 

危険因子として

 

①筋の柔軟性の低下

②姿勢不良

③屈筋と伸筋の不均等

④損傷の既往歴

 

その他は、

筋疲労、不十分なウォーミングアップ、

などが考えられています。 

 

①柔軟性の低下

 

ハムストリングスの柔軟性の低下

                     ⬇︎

股関節屈曲の可動域低下

                     ⬇︎

ハムストリングスの伸張ストレス

このような流れで、肉離れを起こしやすいと考えられます。

 

しかし、実際に研究では

柔軟性の低下が肉離れの危険因子でないことが、示唆されているそうです。

 

②姿勢不良

f:id:YFM-PT:20170717085539p:imagef:id:YFM-PT:20170717090353p:image

 骨盤の前傾、体幹の前傾が強いと、

ハムストリングスに伸張ストレスが加わります。

 

大腿四頭筋ハムストリングスの不均等

f:id:YFM-PT:20170717091008j:image

大腿四頭筋もも前の筋肉)とハムストリングスもも裏)の筋力のバランスが悪くなると、肉離れを起こしやすいです。

 

④既往歴

過去に肉離れをしていると、筋肉内に瘢痕組織が形成され、ハムストリングスの伸張性が低下するとリスクが高まります。

同じシーズン中に、肉離れを起こす確率は13%もあるそうです。 

 

 

 

 ハムストリングスの 肉離れの評価

 

肉離れのステージ

f:id:YFM-PT:20170717093938j:image

 簡単にまとめると

I度

歩行可能

 復帰まで約2週間

II度

ランニング困難、陥凹がある

 復帰まで約6週間

III度

陥凹があり、歩行困難

復帰まで 数ヶ月

 

簡易的な見方としては

 

•歩行困難

 

•触診をして圧痛、断裂部に陥凹(凹み)がある

 

 •SLRを評価して、伸張痛が強くある

 

これらが当てはまる場合はII度かIII度の疑います。

 

II度、III度の疑いがある場合は、MRIなどを推薦します。

 

 

 ハムストリングス肉離れの

リハビリテーション

 

急性期

受傷後24~48時間は、RICE 処置!!!!

 

 

亜急性期(受傷後2-3日)

 

亜急性期では、患部はRICE処置を続けながら、他の部位、股関節、体幹からコントロールする。

例えば、腸腰筋の固さにより、骨盤前傾が強ければ、腸腰筋のストレッチはなど

 

SLRで痛みがなくなれば、徐々にストレッチを開始していきます。

 

また日常生活で

立った状態でズボン、靴下を履く動作、

が出来ればハムストリングのストレッチを開始しても⭕️です!

 

筋力強化は

等尺性収縮から始め、求心性収縮、遠心性収縮を徐々に負荷を強めていきます。

等尺性収縮(SLR)

⬇︎

求心性収縮(レッグカール)

⬇︎

遠心性収縮(ブリッジ)

⬇︎

荷重位での、スクワット

⬇︎

ランニング、ジャンプ

など段階的にリハビリを行なっていき、スポーツ復帰を、目指していきます!

 

 

 

今回は、肉離れにについて書いていきました!

一度肉離れを起こしてしまうと、再発のリスクが高いので気をつけたいですね。

 

最後にサッカー選手は

肉離れやその他の、怪我に対して、下肢のストレッチや筋力をトレーニングしがちですが、

僕は怪我の予防には脊柱が非常に重要だと考えています。

 

f:id:YFM-PT:20170717111352j:image

 

その脊柱がなぜ重要なのかを

次回更新したいとおもいます😁

 

以上いーちゃんPTでした!!!

 

 

膝蓋腱炎は骨盤の傾きと関係する!

前回は、中澤佑二選手の膝のテーピングについてお話しました!

f:id:YFM-PT:20170712071227p:image

しかし、膝蓋腱炎(膝の痛み)をとるには、

膝にテーピングするだけではなく、

なぜ、膝に痛みが出たのかを考えなくてはなりません。

 

ということで、

今回は、膝蓋腱炎を骨盤から考えます。

 

f:id:YFM-PT:20170709210855j:image

 

 骨盤は体の中心に位置するので、

非常に重要です!!

 

 

①骨盤の傾き

骨盤の傾きは大きく分けると

2つのタイプがあります。

 

骨盤前傾タイプ

f:id:YFM-PT:20170712072334p:image

 喜田選手は骨盤が前に倒れていて

(イメージ的には反り腰?)

重心が前にあります。

ハムストリングス優位

に使います。

 

骨盤後傾タイプ

f:id:YFM-PT:20170712072341p:image  

 パクジョンス選手は骨盤が後ろに倒れていて、

(イメージ的には猫背?)

重心が後ろにあります。

大腿四頭筋を優位に使います。

 

この重心がポイントです!!!

 

 

みなさんもう、気づきましたか???

 

前回のブログでは

膝蓋腱炎は、

大腿直筋の使いすぎです!

とお伝えしました!

 

骨盤後傾重心後ろ大腿直筋優位に働く

その結果、膝蓋腱炎につながりやすいです(°_°)

 

f:id:YFM-PT:20170713064235p:image

 

DF は中腰姿勢で構えることが多い。

また、競合いのジャンプでも膝に負担もかかる。

そのため、大腿直筋に負担がかかりやすいといえます。

 

 

ちなみに、栗原選手は、

骨盤前傾→重心が前→ハムストリングス優位

に使いやすいです!

f:id:YFM-PT:20170713071151p:image

 

そして、この前

ハムストリングスの肉離れ

をしましたね😢😢

 

 

 

 まとめると

膝蓋腱炎(膝の怪我)は、

 

骨盤の傾きもみる必要があります!!!

 

以上いーちゃんPTでした😃

 

 

 

 

 

 

 

中澤佑二選手のテーピングについて

最近、偉大な記録を更新した中澤選手

なんと

140試合連続フル出場😳😳😳

 

(2013年7月6日の大分トリニータ戦から

連続フル出場の過程で、イエローカードは2枚しかもらっていないらしい。)

 

さらに、食生活や睡眠にもストイックで自己管理が徹底されてるらしい。

 

本当にリスペクトっす。。。

 

まだまだ、いろんな伝説がありますが、

こんなところにしておいて、、、

 

 

今回は中澤選手のテーピングの巻き方から、

どこが痛いのか?予測します!

 

 

どこが痛いのか?

f:id:YFM-PT:20170704204428p:image

 

おそらく、、、

膝蓋腱炎(ジャンパーズニー)

あたりなのではないでしょうか!!!!

 

膝蓋腱炎とは?

 めちゃくちゃ簡単に説明すると

大腿直筋(ももまえの筋肉)

の使いすぎです!

 

オスグッドもそうです!

 

オスグッド=成長期
ジャンパーズニー=成長期の後

 

イメージ的にはこんな感じです!

 

特にディフェンスは、

競合いでのジャンプなど膝を曲げる動きが多いので、負担がかかりやすいです。

 

 

 

テーピングの巻き方

 

f:id:YFM-PT:20170704211152p:image

 

赤い線を見ると、U時に巻いているテープがあります。

これは、お皿を上方向に誘導しています。

お皿を上方向に誘導すると、、

大腿直筋が働きやすくなります!

 

 

大腿直筋の遠心性収縮を考えると、

お皿は上方へ移動する。

 

それの手伝いをしているのが、このテープであり、

このテープを選択する場合は、あくまでも制動ではなく、

誘導テープなのではないかと思います。

 

結果、中澤佑二選手の膝の痛みは、

おそらく軽度であり、

膝蓋腱炎というより、

 

予防のためのテーピング

大腿直筋のサポート

くらいをイメージしてテーピングをしているのではないでしょうか?!

(あくまでも予測です)

 

余談ですが、

マリノスのトレーナーさんは、なんのテーピングを使ってるんだろう?

テーピングの貼り方もきれいだし、剥がれにくそう。さすがはマリノストレーナー。

知ってる人いたら教えてください!笑

 

 

 

 

 

 

ただ、

開幕戦から、ずっとテーピングを巻いているということは

根本的には治っていないということですよね?

 

その根本的な原因を見つけるのが、

我々理学療法士の得意分野です。

 

 

 

次回は、その辺を絡めて、ブログを更新しようと思います😁

 

以上、いーちゃんPTでした!!!