理学療法士(PT)×サッカー(マリノス) いーちゃんPTのブログ

飯塚優太 理学療法士×サッカー(マリノス)サッカー選手の体の使い方や怪我について、自分の考え方をアウトプットしてまとめていくブログです

ハムストリングスの肉離れ

f:id:YFM-PT:20170717110443p:image

 最近、Jリーグでも肉離れは多いですね😳

肉離れは、再発する可能性が高いので、しっかりと治したいですね!

 今回は、ハムストリングスの肉離れの

危険因子
評価方法

治療方法

について書いていきます  !

 

ハムストリングスの肉離れは

全力疾走中
足を前に降り出した時や
足を地面についた状態から後方に蹴り出すときにハムストリングスの遠心性収縮により
肉離れが発生しやすいと言われています!


地面から後方に蹴り出すときの写真です!
また、骨盤前傾によりさらにハムストリングスの伸張ストレスが加わります!!!

 

危険因子として

 

①筋の柔軟性の低下

②姿勢不良

③屈筋と伸筋の不均等

④損傷の既往歴

 

その他は、

筋疲労、不十分なウォーミングアップ、

などが考えられています。 

 

①柔軟性の低下

 

ハムストリングスの柔軟性の低下

                     ⬇︎

股関節屈曲の可動域低下

                     ⬇︎

ハムストリングスの伸張ストレス

このような流れで、肉離れを起こしやすいと考えられます。

 

しかし、実際に研究では

柔軟性の低下が肉離れの危険因子でないことが、示唆されているそうです。

 

②姿勢不良

f:id:YFM-PT:20170717085539p:imagef:id:YFM-PT:20170717090353p:image

 骨盤の前傾、体幹の前傾が強いと、

ハムストリングスに伸張ストレスが加わります。

 

大腿四頭筋ハムストリングスの不均等

f:id:YFM-PT:20170717091008j:image

大腿四頭筋もも前の筋肉)とハムストリングスもも裏)の筋力のバランスが悪くなると、肉離れを起こしやすいです。

 

④既往歴

過去に肉離れをしていると、筋肉内に瘢痕組織が形成され、ハムストリングスの伸張性が低下するとリスクが高まります。

同じシーズン中に、肉離れを起こす確率は13%もあるそうです。 

 

 

 

 ハムストリングスの 肉離れの評価

 

肉離れのステージ

f:id:YFM-PT:20170717093938j:image

 簡単にまとめると

I度

歩行可能

 復帰まで約2週間

II度

ランニング困難、陥凹がある

 復帰まで約6週間

III度

陥凹があり、歩行困難

復帰まで 数ヶ月

 

簡易的な見方としては

 

•歩行困難

 

•触診をして圧痛、断裂部に陥凹(凹み)がある

 

 •SLRを評価して、伸張痛が強くある

 

これらが当てはまる場合はII度かIII度の疑います。

 

II度、III度の疑いがある場合は、MRIなどを推薦します。

 

 

 ハムストリングス肉離れの

リハビリテーション

 

急性期

受傷後24~48時間は、RICE 処置!!!!

 

 

亜急性期(受傷後2-3日)

 

亜急性期では、患部はRICE処置を続けながら、他の部位、股関節、体幹からコントロールする。

例えば、腸腰筋の固さにより、骨盤前傾が強ければ、腸腰筋のストレッチはなど

 

SLRで痛みがなくなれば、徐々にストレッチを開始していきます。

 

また日常生活で

立った状態でズボン、靴下を履く動作、

が出来ればハムストリングのストレッチを開始しても⭕️です!

 

筋力強化は

等尺性収縮から始め、求心性収縮、遠心性収縮を徐々に負荷を強めていきます。

等尺性収縮(SLR)

⬇︎

求心性収縮(レッグカール)

⬇︎

遠心性収縮(ブリッジ)

⬇︎

荷重位での、スクワット

⬇︎

ランニング、ジャンプ

など段階的にリハビリを行なっていき、スポーツ復帰を、目指していきます!

 

 

 

今回は、肉離れにについて書いていきました!

一度肉離れを起こしてしまうと、再発のリスクが高いので気をつけたいですね。

 

最後にサッカー選手は

肉離れやその他の、怪我に対して、下肢のストレッチや筋力をトレーニングしがちですが、

僕は怪我の予防には脊柱が非常に重要だと考えています。

 

f:id:YFM-PT:20170717111352j:image

 

その脊柱がなぜ重要なのかを

次回更新したいとおもいます😁

 

以上いーちゃんPTでした!!!